トレーサビリティシステムの農業ナビゲーション研究所 農業ナビで農薬判定
| トップ | サイトマップ |
トップページへ戻る
設立趣旨・理念
当研究所の概要
事業内容
沿革・活動実績
トピックス
2013年(平成25年)
2012年(平成24年)
2011年(平成23年)
2010年(平成22年)
2009年(平成21年)
2008年(平成20年)
2007年(平成19年)
2006年(平成18年)
アクセスマップ

GAPガイドライン準拠の学習システム「GAP検定」を開始!
2012年(平成24年)4月1日
当研究所は、GAPの導入・実践に関係する法令や具体的な取組例、参考例などの様々な情報を、農林水産省の「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン(参考資料集を含む)」に即して整理・体系化した、GAPを総合的に理解するための学習システム「GAP検定」のサービスを開始しました。GAPガイドラインに即して整理されたGAPに関する知識の習得度を確認することができます。
「GAP検定」の受講により、生産者や普及指導員・営農指導員などの指導者が農林水産省のGAPガイドラインを理解し、その内容をGAPの検討や導入あるいは指導を行う際に有効活用できることを目指しています。その結果、GAPの普及と導入が促進されることを目的としています。
受講方法は、インターネットを利用したeラーニングです。
当研究所のホームページから申込み・受講できます。 http://www.nnavi.org/gap_kentei/
詳細については、こちらをご参照ください。
※GAP検定は農業ナビゲーション研究所が実施するもので、農林水産省による公的な資格・検定制度ではありません。

GAP検定は以下の事業の成果です。
平成23年度 農林水産省補助事業 産地収益力向上支援事業 全国推進事業
(農業生産工程管理体制構築事業)[ 所管 ] 農林水産省 生産局 農産部 技術普及課 新技術企画班
※GAP取組支援データベース協議会の各委員ならびにGAPの認証・監査業務の専門家の協力をいただきました。
↑このページの先頭へ
Copyright©2006-2012 Non-Profit Organization Nogyo Navigation Laboratory